玉川ケヤキフェス・ケヤキウイーク

茅野市玉川地区コミュニティ運営協議会主催事業。
年に一度の地域のコミュニティまつり「玉川ケヤキフェス」(御柱年はお休み)
玉川小学校のケヤキ並木がホコ天になり、3000人以上がにぎわいます。
そのテーマは「玉川の魅力再発見」 よびかけることばは「みんなが かがやく! みんなが つながる!」
自分たちが暮らす地域の宝を分かち合い、少しでも好きになれればいいなという願いが込められています。
※コロナの状況下の2020年には、「集まれないなら出かけちゃおう」という発想で、「玉川ケヤキウイーク」という企画も生まれました。
1
スケッチ
sketch
これまでの「コミュニティまつり」から「ケヤキフェス」へ、イベントタイトルを変えてみよう、というアイデアメモ
玉川小学校のシンボルのケヤキから「ケヤッキー」という名の主人公が生まれました
「ケヤッキー」の原画
2017年にイベント名が「玉川ケヤキフェス」になる リーフレットの構成案スケッチ
2020年「玉川ケヤキウイーク」パンフレットの構成案スケッチ
2
プロセス
process
茅野市立玉川小学校グラウンドからケヤキ並木をのぞむ
玉川地区コミュニティセンター
ケヤキ並木
企画と運営を担う「玉川ケヤキフェス準備室」のよりえー(寄り合い的なミーティング)の様子
レベル5のためにパンフレットの表紙は「今年の玉川ケヤキウイークはお休みです」となりました
「玉川ケヤキフェス」「玉川ケヤキウイーク」準備の様子




3
シェア
玉川ケヤキフェスの主人公、ケヤッキー缶バッジ
ケヤッキー誕生まで
スタッフ用の特製ケヤッキーTシャツ
「玉川ケヤキフェス」リーフレット
「玉川ケヤキウイーク」パンフレット
「玉川ケヤキウイークはお休みです」パンフレット
「玉川ケヤキフェス」「玉川ケヤキウイーク」当日の様子
打ち上げの様子
玉川ケヤキフェス・玉川ケヤキウイーク
「みんなが かがやく! みんなが つながる!」がこのフェスのテーマ。
「みんなが」というが、本当にみんながかがやけるにはどうすればいいの?
本当にみんながつながるにはどうすればいいの?
そんなことを、玉川ケヤキフェス準備室のみなさんと、毎年の準備の中でお茶べりしながら
アイデアを出し合って工夫・更新していけることが、ありがたいこと。
地縁と支援が混ざり合った、地域愛を感じられるプロジェクトです。
主催: 玉川地区コミュニティ運営協議会
企画・運営: 玉川ケヤキフェス準備室
広報ツール・展示サイン アートディレクション・デザイン: 富岡史棋デザイン室
2017年–